Diary Only japanese
最新のDiary
2019-10-10
コフィディス
2019-10-09
トレ・ヴァッリ・ヴァレジーネ
2019-10-03
ジョルジョ・スクインツィ死去
2019-10-01
世界選男子エリート
2019-09-22
カレンダー2020の予約開始
過去のDiary

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ツアー・オブ・オマーンの長い1日
ツアー・オブ・オマーンの長い1日
第5ステージはいちばん重要なステージだった。
この日は朝9時45分にテント前に集合のはずだった。
時間通りに行くといつも早すぎるので、若干遅れて行った。ほんの3分ほど。
ところがなぜかこの日は時間通り、もしかすると予定時間を早めて出発したような感じで、僕はおいてきぼりをくらった。
そこにちょうど、アルフォンソ・デヴォルフがいた。1980年にロンバルディーアを、1981年にサンレモを取った元強豪選手である。このカタールとオマーンのレースでは、エディ・メルクスの運転手を務めている。
アルフォンソがエディに頼んでくれたおかげで、僕は2人が乗るレースディレクターカーでスタートに向かった。
エディはクルマの中で1980年代にインドの方で行われたラリーにトヨタ・カローラで出場し、クルマは転覆するは、飛行機の座席はないわの、まさに冒険ラリーを経験したことを長々と流暢なイタリア語で話してくれた。

スタートに向かう途中からすごい砂嵐が吹き荒れた。エディも僕もオマーンの大会を全部カバーしているが(今年で6回目)、こんな砂嵐は初めてだった。
スタートに着くと、すでに到着していたコミッセールがコースの短縮を決定した。
そしてまもなくコンボイを作って新たなスタートに向かった。そこは、今日の勝負所となる峠の登り口だった。
当初は峠2回往復のところを、短縮した分を追加して3往復することに決定した。そしてまずは峠を一回ニュートラリゼーションで上って下ることになった。
そこで僕は山頂で待つことにした。山頂は、今年のジェイスポーツの1月、2月の写真を撮ったところで、下りは100kmを超えるスピードが出る。
僕はまず、今日のウォーミングアップみたいな感じで、そのジェイスポーツのカレンダーと全く同じところに立って写真を撮った。そして選手たちがすごいスピードで下っていくのを見届けた後、オートバイで後を追った。
ところが不思議なことが起きてきた。バルディアーニの選手が4人もパンクして立ち止まっているのだが、なんか様子が変なのだ。普通のパンクではないとは思った。

下り終わった時、カンチェッラーラがレースディレクターのペシューのクルマに寄ってなにか抗議している。そして間もなく集団はストップし、ストライキが始まった。
選手の言い分は
「気温が高く、タイヤがパンクしやすくなっている。すでに4人もパンクした。このハイスピードが出るコースはとても危険だから、レースできない」というものだった。
これに対し、主催者側のエディ・メルクスは
「他のレースと同じ気象条件。レースの中断は認められない」と言う。
選手の代表はいつもカンチェッラーラで、マペイ時代のチームメートで普段も仲の良いポッツァートなど、強い選手の多くが続行反対のように見えた。
アシストクラスはこういうとき、自分の立場をわきまえてまったく発言しないし、できる雰囲気でもない。
ただ、メルクスのところにバルベルデが行き、
「自分はレース続行に賛成」と言った。バルベルデが言うということは、少なくともモビスター勢の総意でもある。
また、ヴァンガードレンがポッツァートと意見を戦わせていたところを見ると、彼もまた続行賛成に見えた。
このように、選手でも意見が分かれていた。
そのうち、メルクスが声を荒げ、
「走りたくない選手はすぐにどいてくれ。走る選手は今からスタートだ」と興奮してまくし立てた。
ブアニとオフレドが
「もしここで走らなくても、明日のステージは走れますか?」と聞くと、メルクスは
「No!」と一蹴した。
さらに、地元の大会運営委員が
「こんなんじゃ、もうオマーンで大会はできない」と激怒した。
これに対しカンチェッラーラは
「オマーンの国や人、大会をリスペクトはするが、自転車よりも命の方が大事だ」と主張を曲げなかった。

結局、ステージはキャンセルとなった。
メルクスの表情は、それはそれは怖かった。
自転車界の神様の意見が通らなかったのである。
メルクスのことを悪く言う人はこれまで自分の人生で聞いたことは一度もないし、実際メルクスが選手を怒鳴ると、だれもが口をつぐんだ。

僕は今回の事件でいくつかのことを思った。
1つはなぜバルディアーニだけが立て続けに4人もパンクしたかだ。いや、パンクではなく、車輪からタイヤが外れたのかもしれない。実際、ランプレの名メカニックのペンゴが車輪を持って状態を見せに来たのだけど、糊が柔らかくなってタイヤが手で簡単にはがせることができた。
いずれにしても、バルディアーニのタイヤか糊に問題があったことはたしかだ。
そして猛暑での100キロ越えのダウンヒルができないというなら、真夏のツール・ド・フランスのトゥールマレのあのおそろしいダウンヒルはなぜ中止にならないのだろう。あそこも100キロは出るし、道はここよりもずっと凸凹している。ご存知、夏のツールはアスファルトが溶けるくらいに気温も上がる。

結局のところ、選手がバルディアーニ勢のパンクを見て、かなりの恐怖感をいだいたということだろう。
しかし、普段仲の良いメルクスとカンチェッラーラが意見を戦わせたのはすごかった。メルクスは自転車界の神様で、人間的にも非常に良くできた人。
一方、カンチェッラーラは選手のリーダー的存在である。
明日から、また二人はいつもの仲に戻るのだろうか。それとも亀裂が入ったのだろうか?
また、この大会で非常に重要な今日の峠が、今後除外されるかもしれないだろう。そうなると、大会としてどうなのだろうか?
このステージの中止がもしかすると、いろんなところに影響するかもしれない。
ますます疑問は尽きない。
« prev | next »