Diary Only japanese
最新のDiary
2020-03-29
イタリア
2020-03-16
非常事態
2020-03-11
基本の基
2020-03-05
今日出国
2020-02-24
UAEツール
過去のDiary

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

移籍情報
移籍情報
選手の移籍の契約の時期が昔と比べてすっかり遅くなってしまったことと、フォナックの消滅やオペラシオン・プエルトに巻き込まれた選手やチームの処遇もあって、自転車界は混乱している。
あのウルリヒの行方がいまだに発表されていないと言うのは、その象徴であろう。
オペラシオン・プエルトが白紙に戻った今、マノロ・サイス(アスタナの前身であるリベルティ・セグロスのオーナー)のプロツールへの復帰が許されることになるだろう。
今日のガゼッタは、ジロ・ディ・イタリアを2度とったサヴォルデッリのことを報じた(ちなみに写真は僕のもの)。それによるとサヴォルデッリはアスタナと契約したが、この混乱のために(先日来日したロドリゲスから聞いたのだけど、サイスとアスタナの二重契約となっている選手がいる。そもそもヴィノクロフがブエルタで優勝したときのパーティーにサイスが駆けつけていることに驚いた私)、ボイファーヴァのチームに行く可能性があるというのだ。
ボイファーヴァはフレームのカレーラのパトロンなんだけど、現役のときにはマリア・ローザを着たこともある。
話はそれるが、イタリアのベテランカメラマンに聞いたのだけど、そのとき走りの写真が撮れなかったので、レースが終わってからホテルに行って、マリア・ローザを着てもう一回走ってもらったという。古き良き時代の信じられないような話である。
ボイファーヴァはイノックスプランやカレーラという強豪チームを編成し、ヴィゼンティーニ、ローチェ、キャプーチ、そしてパンターニらを輩出した。
だけどここ数年は大きなスポンサーを見つけられず、今はアンドローニという小さなチームに甘んじている。
ところが、来年はこのアンドローニとLPRが合併して大きくなるのだ。ここにナルデッロが加わったことが数日前に発表されたし(それまではバッソが同じチームに連れて行く可能性があると報じられていた)、今はセビリャやジロ2位のグティエレスを勧誘していると言う。

ちなみにこれまでLPRを仕切ってきたピシーナは、ロシアの企業ティンコフ(ビール会社も傘下に持っている)をスポンサーにハミルトン(まだ正式発表はされていない)やホンドといった脛に傷持つ選手を加入させて、一癖あるチームを作る。
サントーニはスポンサーを代え、ナトゥリーノからアウルム・ホテルズとなる。
ランプレのテスト生で走った中国の選手は、最初のレースではちょっと走っただけでリタイアした。来年のチームメンバーに入っていないのは当然か。香港の選手も入っていない。
また、サンマリノにチネッリ・エンデカというチームが誕生し、ここにイランのミズバニが加入する。
このイランの選手は、今年のアジアツールで1位となっている。数年前にランカウイで見ただけだが、まさにアジア最強だろう。(写真はミズバニ)
« prev | next »