Diary Only japanese
最新のDiary
2017-11-12
声明
2017-11-06
さいたまクリテリウム終了
2017-10-28
フランスで発行される写真集の仕事
2017-10-23
ジャパンカップ終了
2017-10-17
フラヴィオ・ジュッポーニのこと
過去のDiary

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

フラヴィオ・ジュッポーニのこと
フラヴィオ・ジュッポーニのこと
先日、日本に帰国する便の中でのことだ。
僕はイタリア女性の隣だった。
挨拶して座席に座ると、イタリア人男性が来て座席を譲ってくれないか聞いて来た。
最初に彼が持ちかけて来たのは窓際だったので、悪いけど断った。
そうしたら、今度は通路側を確保したからと来たので、OKした。
荷物を移動するのが面倒だったけど、別に最初の座席にこだわりがあるわけではなかったので、どうでもよかった。

新しい座席の斜め向かいに立って喋っている男性がいた。
間違いなく、1989年のジロ・ディ・イタリアで2位になったフラヴィオ・ジュッポーニだった。
だけど、全然顔も体型も変わっていないので、逆に人間違いかもしれないと思い、同僚と思われる人物に聞いて見たら、間違いなかった。
声をかけると彼はよく覚えていてくれた。
僕らは1989年に立川の昭和記念公園で開かれたスーパークリテリウムでいっしょだったのだ。

当時、彼の奥さんもいっしょに来日し、仲のいいところを存分に見せつけられたけど、すでに離婚して、彼の隣に座っている人が今の奥さんだという。共に美女である。
彼は現役の時、イタリアで、いや世界で初めて選手をやりながらチームマネージャーとなった。
だけど、チームについたスポンサーはサン・マルコだけで、しばらくは「サン・マルコグループ」というチーム名で活動したけど、まもなく解散に追い込まれた。
人づてに聞いたのは、以前稼いだ金をそのチームにつぎ込んだために、一文無しになったという。
引退後、しばらくはテレビの解説をしていたのでときどきレース会場でいっしょになったが、今から15年以上くらい前には姿を消した。

先日のミラノ〜トリノである元選手が見にきていた。
彼は今、ポジションを出す仕事で忙しくしている。
僕は
「元選手が仕事を見つけて元気にしている姿を見るのはすごくうれしい」というと、満面の笑みで握手してくれた。
プロ選手が仕事を見つけるのは、並大抵のことではないことを僕はよく知っているからだ。

ジロで2位になったジュッポーニだが、僕が機内で声をかけると周囲にいたイタリア人はポカンとしていた。彼が元選手だったことを知らないと言ったのには心底驚いた。
彼は自分の名を切り売りしていなかったのだ。
そんな彼をますます好きになった。
奥さんも彼も、今度ベルガモの家に遊びに来てくれという。
なんだか、最高の再会になった気がした。

写真は1989年のジロ・ディ・イタリア最終日の表彰。今から見ると、とても地味な表彰台だ。左のマリア・ローザがフランスのローラン・フィニョン。真ん中はイタリアの英雄フランチェスコ・モゼール。その右が2位のフラヴィオ・ジュッポーニ。この年の最終ステージはフィレンツェだった。
« prev | next »