Diary Only japanese
最新のDiary
2017-09-16
コペンハーゲンから
2017-09-15
今週末からノルウェーのベルゲンに
2017-09-13
39年前のアゴストーニ
2017-09-12
イタリアはストレス満載の国
2017-09-11
ブエルタ・ア・エスパーニャ終了
過去のDiary

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

『CICLISSIMO NO.24』6月20日発売
『CICLISSIMO NO.24』6月20日発売
CICLISSIMO NO.24は, 5月7〜29日に開催されたイタリア一周ロードレース“ジロ・デ・イタリア”の完全レポート号です。レイディオシャック所属の別府史之が出走して、共同通信によって報道記事が毎日配信されました。
「今までこんなにきついコースを走ったことはない」。選手口をそろえて言ったのは“タッポーネ”(大会最難関ステージ)の第15ステージ。距離229km、総標高差6000m、サドルの上に8時間(!)いなければ終わらない超過酷なステージ。このステージに代表されるように、今大会はまさにハードなコース設定だった。どのくらいきつかったのか、そしてなぜこんな設定にしたのか、6ページを割いてレポートします。
 ジロ特集では、そのほか3週間レーサーの力を証明した別府史之、第3ステージで非業の死を遂げたW・ウェイラントの追悼記事、マリア・ローザを着てボトル運びをしたM・ピノッティなど、どこよりも深く詳しい内容でお届けします。
 特集以外の主な記事は次のとおりです。

 ・インタビュー G・ヒンカピー/R・ヘーシンク
 ・2011ツール 知っておきたい10のトピックス
 ・P・ジルベールが3連勝したアルデンヌ・クラシック
 ・宮澤崇史が出場したツアー・オブ・ターキー
 ・オーストラリアの新チーム“グリーンエッジ”
 ・UCIのルール変更 フレームと前フォーク承認制

 CICLISSIMOの主たる寄稿者であるJF・ケネは、5月に第7回ジャック・ゴデ賞(ツール・ド・フランスをテーマにした最良の仏語記事執筆者に贈られる賞)を受賞しました。オリジナル取材による質の高い記事は、レースファンの琴線に触れること請け合いです。
 さらに、ジロ撮り下ろしのポストカード3枚がとじ込み付録になっています
●八重洲出版発行/6月20日(月)発売/税込み定価1,575円/A4ワイド判124ページ
« prev | next »