Diary Only japanese
最新のDiary
2017-10-17
フラヴィオ・ジュッポーニのこと
2017-10-14
時差ボケ
2017-10-08
70歳定年制
2017-10-07
ヨーロッパで最後のレース
2017-10-03
カタルーニャの独立運動での警察の暴力の酷さ
過去のDiary

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

フラヴィオ・ジュッポーニのこと
フラヴィオ・ジュッポーニのこと
先日、日本に帰国する便の中でのことだ。
僕はイタリア女性の隣だった。
挨拶して座席に座ると、イタリア人男性が来て座席を譲ってくれないか聞いて来た。
最初に彼が持ちかけて来たのは窓際だったので、悪いけど断った。
そうしたら、今度は通路側を確保したからと来たので、OKした。
荷物を移動するのが面倒だったけど、別に最初の座席にこだわりがあるわけではなかったので、どうでもよかった。

新しい座席の斜め向かいに立って喋っている男性がいた。
間違いなく、1989年のジロ・ディ・イタリアで2位になったフラヴィオ・ジュッポーニだった。
だけど、全然顔も体型も変わっていないので、逆に人間違いかもしれないと思い、同僚と思われる人物に聞いて見たら、間違いなかった。
声をかけると彼はよく覚えていてくれた。
僕らは1989年に立川の昭和記念公園で開かれたスーパークリテリウムでいっしょだったのだ。

当時、彼の奥さんもいっしょに来日し、仲のいいところを存分に見せつけられたけど、すでに離婚して、彼の隣に座っている人が今の奥さんだという。共に美女である。
彼は現役の時、イタリアで、いや世界で初めて選手をやりながらチームマネージャーとなった。
だけど、チームについたスポンサーはサン・マルコだけで、しばらくは「サン・マルコグループ」というチーム名で活動したけど、まもなく解散に追い込まれた。
人づてに聞いたのは、以前稼いだ金をそのチームにつぎ込んだために、一文無しになったという。
引退後、しばらくはテレビの解説をしていたのでときどきレース会場でいっしょになったが、今から15年以上くらい前には姿を消した。

先日のミラノ〜トリノである元選手が見にきていた。
彼は今、ポジションを出す仕事で忙しくしている。
僕は
「元選手が仕事を見つけて元気にしている姿を見るのはすごくうれしい」というと、満面の笑みで握手してくれた。
プロ選手が仕事を見つけるのは、並大抵のことではないことを僕はよく知っているからだ。

ジロで2位になったジュッポーニだが、僕が機内で声をかけると周囲にいたイタリア人はポカンとしていた。彼が元選手だったことを知らないと言ったのには心底驚いた。
彼は自分の名を切り売りしていなかったのだ。
そんな彼をますます好きになった。
奥さんも彼も、今度ベルガモの家に遊びに来てくれという。
なんだか、最高の再会になった気がした。

写真は1989年のジロ・ディ・イタリア最終日の表彰。今から見ると、とても地味な表彰台だ。左のマリア・ローザがフランスのローラン・フィニョン。真ん中はイタリアの英雄フランチェスコ・モゼール。その右が2位のフラヴィオ・ジュッポーニ。この年の最終ステージはフィレンツェだった。
時差ボケ
毎年、帰国した週末にジャパンカップがあるけど、今年は約2週間ある。
だから家で多少はゆっくりできるのだけど、それでもいろんな雑用があるし、また時差ボケと戦わなくてはいけないのは毎回のこと。
今もなかなか眠れない。
だけど、今日は昼寝をし、これでかなり楽になった。
飛行機のパイロットやスチュワーデスさんたちはどうしているのだろう?
70歳定年制
昨日のロンバルディーアの写真、ここのところよく出ているフランスのレキップには使われなかったけど、イタリアのガゼッタには使われたようだったので、近くのバールにコーヒーを飲むついでに見に行った。
そうしたら、昔のガゼッタのレースのスタッフとばったり出会った。

僕はミラノ郊外に住まいがあり、ガゼッタはミラノだから、レースのスタッフも近所に少なくない数がいる。
この人は長年、審判を乗せるオートバイの運転手をやっていた。2013年のミラノ~サンレモでは雪が降ってレースが中断したので終了時間が遅くなり、ミラノに戻る電車がないことをオーガナイザーに伝えると、彼がミラノの中央駅まで送ってくれたのだ。

僕のオートバイの運転手も70歳定年制のおかげで昨日が最後だったけど、彼が言うには、昨日のロンバルディーアを最後に退く人が数人いると言う。
全然知らなかった。
僕もいつかはこの仕事を辞める時が来る。
そして2、3日はそのことが話題になるかもしれないけど、すぐに誰も話に出さなくなる。
そんなものである。
ヨーロッパで最後のレース
今日はジロ・ディ・ロンバルディーア。
自分にとって今年ヨーロッパ最後のレース。
月曜日にこちらを出て火曜日に帰国。都内でクリテリウムさいたまの打ち合わせをして、帰宅の予定。
残りは今日のレース、ジャパンカップとさいたま。シーズン終了が待ち遠しい。
カタルーニャの独立運動での警察の暴力の酷さ
カタルーニャの独立運動で、警察の暴力の酷さが世界中から非難されている。
スペインの警察の横柄さは、昔からひどいのだ。

ジロもツールもレースを仕切っているのは主催者のスタッフだ。
ところが、ブエルタ・ア・エスパーニャは昔から警察の力が強く、会場内の交通整理は警察が行う。
すると、なにか質問すればまずはNoと答える。
彼らにとっていちばん都合がいいのは、権力を示すことなのだ。
僕は一回、駐車場で警察から手錠を出されたことすらある。

レースをテレビでしか見たことがない人は、まったく理解できないだろう。
フルームとコンタドール、二バリが走っているレースのどこが悪い?くらいにしか思わない。
レース会場に行って見ないと分からないことはたくさんあるのだ。