Diary Only japanese
最新のDiary
2017-12-15
ブリュッセルから
2017-12-14
ミラノ到着
2017-12-08
フルームのジロ参戦
2017-12-07
イスラエル
2017-12-05
第10回TOJ美濃ステージトークショーの模様
過去のDiary

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ディルーカがかわいそうだ
先日モナコで行った佐藤琢磨君の撮影の写真の選択作業を、連絡を取りながらやっている。
それから原稿書きも始めなくてはならないが、取材はとても楽しかった。
先月ロサンゼルスにいったとき、ガゼッタの記者といっしょにチポッリーニの取材をやったけど、そのときにこのF1レーサーの取材の予定があることを告げると、彼は大きな興味を示した。
ドーピング問題で揺れ続ける自転車界に今必要なのは、こうしたポップな話題なんだと。
もちろん、佐藤君ほどのスターレーサーになると、いろんな制限がつきまとうので、許可なく媒体に写真を渡すことはできない。
その記者とは当然バッソの話になった。彼は復活を目指して黙々とトレーニングを積んでいる。黙々というのは、ロンバルディーアが終わったと同時に彼もバカンスに入ったというほどの念入りで、自転車選手の生活と同じことを2年間謹慎の身でもやっているのだ。
次にディルーカの話になったのだが、記者は顔をしかめた。サントゥッチョーネのところに行ったというだけで3ヶ月間の出場停止になり、そして世界選もロンバルディーアも走ることができなかったのは周知の通り。
だけど、去年のジロのゾンコロランのステージ終了後の夜に行われた抜き打ちの薬物検査で、ホルモン値が子供と同じくらいに出たことで、現在禁止されている点滴を行ったのではないかという疑惑があるのだ。
記者のしかめ面は、状況が芳しくないことを示していたが、案の定、イタリア五輪委員会は昨日ついに2年間の出場停止処分を求めた。
だけど、直接的な証拠もないのに、処分を下していいものなのだろうか。
ディルーカはもちろん疑惑を強く否定しているけど、禁止行為をやっていないことを証明する方法なんてあるだろうか。

今朝ラジオで、栃木県警が知恵遅れの人を犯人にでっち上げていたが、のちに真犯人が捕まったことを報道していた。
また僕が住んでいる富山の県警は、女性に乱暴した男性を犯人と決めつけて服役させていたけど、その人が娑婆に出てきた後に真犯人が捕まった。
当然、担当の責任が問われるはずだけど、「組織全体の責任」とかということでお咎めなし。県警は今日も元気にスピード取り締まりに情熱を傾けている。

こうした例を持ち出したところで、ドーピングスキャンダル続きの自転車界を擁護するのは無理だとは百も承知だけど、最初からなにかを見つけることを前提にして、そうしたお上的な組織が動いているような気がしてならない。
モナコより帰国
今日モナコから佐藤琢磨君の撮影を終えて帰国しました。
帰国途中、全身30ヵ所くらい虫刺されみたいになってしまい、かゆくてかゆくて。
成田に着いて健康相談所に行ったら「これはダニですね」ときっぱり。
ニースで泊まったホテル、ずっとエアコンが入りっぱなしで暖かかったからな。
見た目は清潔だったけど、きっと布団にダニがいたに違いない。
熱が出なければそのままでも良いと言われたけど、突発的にかゆくなる。

琢磨君の撮影は、おかげで順調にいきました。
人間的にも魅力たっぷりで、こういう人を撮ることができるのは、ホントうれしいことですよ。
今度は3月12日に出国し、本格的なシーズンインとなる。最初はティレーノ〜アドリアティコ、そしてミラノ〜サンレモと続く。それまで日本国内でやることが山積みです。
ニースの空港から
またまたスイス航空のカウンターで、機内持ち込みの荷物の重量を量られてしまい、機材を預けることに。
きっと会社の方針で厳しく実行するように言われているのだろう。
僕らフォトグラファーにとっては使えない航空会社。もう2度と乗ることはないだろう。
ちなみに僕が使わない航空会社は以下の通り。
スイス航空:前出の通り。それに何度か墜落事故で多くの犠牲者を出している
スカンジナビア航空 : オーバーウエイトに厳格
アリタリア航空 : スチュワーデスが働かないので汚い。イタリア人の乗客ですらあきれる

できるだけ避けたい空港
パリ・シャルルドゴール空港 : バカンスの時期は特に機内持ち込み荷物の制限が厳しい
イギリス全部 : 荷物の持ち込み個数が厳しい。出入国も厳しい
オランダ・スキポール空港 : 抜き打ちの税関検査があり、身の回りの品に課税されることがある。やられると被害甚大
ロシア・モスクワ空港 : 以前モスクワの空港でスーツケースが荒らされ、中身を盗まれた。それに事実上のわいろがいまだにまかり通っている
ミラノ・マルペンサ空港 : 泥棒の数が半端ではなく多い。多くの従業員が組織的に客の荷物を盗んでいた事件も数回発覚

空港&航空会社にもずいぶんいじめられているなあと、我静かに思ひけり。
気合い十分っす
気合い十分っす
今、なんで一人でモナコに来ているかというと、佐藤琢磨君の撮影だ。
ご存知、今は有名F1レーサーだけど、高校・大学時代は強い自転車選手だった。
僕はF1のことはほとんど知らないけれど、イタリアにおけるF1文化がどのくらいのものかは、モンツァに拠点を構える自分の身体に染みている。
明日の撮影・取材を前に、今泊まっているニースからモンテカルロへロケハンに行ってきた。
パリ〜ニースの最終ゴールのプロムナード・デ・ザングレを通り、アームストロングやロミンガーなどが練習したことでも知られるコル・デズを通過し、世界の大富豪たちの超豪華クルーザーがずらりと並ぶモンテカルロのヨットハーバーに着いた。

午後、本人から電話をもらった。
自転車選手から電話をもらってもなんとも思わないけど、現役F1レーサーとなると、なんだかとってもうれしい。
ミーハーだって?否定しませんってば。
外は快晴、明日の撮影が楽しみだ。気合いを入れて撮るぜ。
ニース到着
モナコ行きは久しぶりにスイスエアーを使った。チューリヒでニース行きの乗り換えがいちばんスムースだったからだ。
昔はスイス航空ばかり使っていた。
銀座にある旅行代理店を使っていて、そこの社長とスイス航空の偉い人が友人だったから、ほぼ毎回ビジネスクラスにアップグレードしてもらっていた。
だけどその偉い人が退職し、スイス航空も一度倒産。そして僕はイタリアで航空券を購入するようになって以来、使っていなかった。

成田に着いたら、スイスエアーのカウンターは全日空の職員が仕事していた。同じスターアライアンスグループだから、業務を委託しているのかな。
今回のモナコ行きは3泊4日だから、カート式のカメラバッグと、ピナレッロからもらったリュック一個という軽装備。
だからそのまま2つとも機内持ち込みにするつもりだった。
ところがチェックインカウンターの女性は、カメラバッグの重量を量った。結果は17kgで、預けろと言う。
撮影機材で壊れやすいから無理といってもダメ。もうマニュアルどおりのこと言うだけ。
典型的な日本の模範従業員!
というわけで、自分の仕事歴20年で初めてカメラを預けることに。
そこにいた職員に手伝わせて(手伝ってもらってなんでいいません)、エアークッションでぐるぐる巻きにした。
「昨日もこのカメラバッグで全日空に乗ったし、今日も乗った」なんて言ってもぜんぜんダメ。
で、いざ飛行機に乗ると、ビジネスクラスにはどうみても重そうなバッグを持った人がたくさんいる。
預けた荷物がたとえ壊れたとしても、航空会社は保障しない。
海外にビジネス(撮影)で行く人は、ビジネスクラスで行けと言うことか。
航空会社は金持ちにだけ優しことを改めて思い知らされた。
修業はやっぱり厳しいもんですな。
帰国途中のシンガポールから
帰国途中のシンガポールから
まあ、これまで移動・移動・移動って感じの仕事人生だったけど、その頂点が今かも。
12月にオーストラリア、中国、イタリアと連続して撮影があったけど、1月下旬からアメリカ、カタール、マレーシアと続き、そこからシンガポールにタクシーで行って、デンマークで撮影。今、それを終えてタイ経由でシンガポールに戻った。
それぞれの空港でラウンジに入って写真を電送しているけど、やっとここシンガポールで終わりそうだ。
このあとマレーシアまで飛んで、今晩の便に搭乗して家に帰る。
ただし、家にいられるのは半日だけで、木曜日からモナコに行ってくる。

先月、アメリカでマリオ・チポッリーニの撮影をしたけど、
「たくさんの元選手がグランフォンド(サイクリング大会)に出ているし、ランスはマラソンに出ている。なにかに挑戦することが大事。自分が膝を怪我したとき、医者は「元通りに歩けるようになることを祈っている」と言ったくらいだった。だから自分もまた選手として挑戦したい。でも元のように走るなんて期待していないし、僕だってそんなに頭が悪くはないさ」と言っていた。
今、マリオはツアー・オブ・カリフォルニアに出ている。

僕のこの飛行機の旅はマイレージへの挑戦。
もうマリオの挑戦と比べればしょぼいけど、なにか目指すものがなかったらやってられません。
ああ、ちいせぇー。

写真はサンタモニカを見渡すチポッリーニ。
コペンハーゲン到着
コペンハーゲン到着
気温35度のマレーシアからシンガポール空港にタクシーで行き、空港のラウンジでパソコンをたたくこと5時間。
そのあと、タイのバンコクを経由し、コペンハーゲンに到着。真っ青な空が空港から見える。
先に到着していたテレビクルーに聞くと、前日までは曇り空だったとか。
その分、気温がぐっと冷え込んで、まだ身体が順応していない私は凍りそう。
そのあと、テレビクルーといっしょに市内の実景撮りに出掛けたけど、とてもきれいな町というのが分かった。
これまでコペンハーゲンには6日間レースだとか、トラックの世界選手権などで何度も来ているけど、ぜんぜん見る余裕がなかったので、知らなかった。

こんな具合で、海外取材が怒濤の如く続いています。プリントのご注文を頂いている方々、いつも最終チェックをやった上で発送するようにしているので、帰国するまであとしばらくお待ちくださいませ。

写真はコペンハーゲンの町。寒いけど、町は素敵です。
今日からコペンハーゲンに移動
今日からコペンハーゲンに移動
マレーシア最南端の都市ジョホール・バルのハイアットホテルにいます。カイテキ!
今日はランカウイ第5ステージだけど、レースは取材せずにホテルにいます。
このあとタクシーで約30km離れたシンガポール空港まで向かい(料金は6,000円とのこと)、夜9時のタイ航空で、タイを経由してデンマークに向かいます。
トラックのワールドカップ最終戦の取材です。

今回のツール・ド・ランカウイ、いつもながら梅丹本舗の選手が頑張って、撮影の意欲を高めてくれました。
実力のある選手が多いにもかかわらず、経済面で恵まれていないとよく耳にするけど、日本で自転車競技で食っていくのは大変なこと。
自分だって自転車競技だけで食っている数少ない人間だから、よく分かります。
なにもしてあげられないけど、世界で戦っている日本選手みんなを応援しています。

写真はレース前に入った食堂。ラーメン風の料理がおいしかったです。給仕のおねえさんは元シンガポール空港のスチュワーデスさんで、日本語も少しできました。
ランカウイ2日目終了
ランカウイ2日目が終わったけど、今のところ“被害”はレーンズフード2個紛失(1万円はするなあ)と、手足の火傷(日焼け)だ。
連日30度以上のところをオートバイに乗っているから。
今週末から零下のコペンハーゲンだから、そこで日焼けを癒さなきゃ。
ホテルのご飯、もうあきたよ、ワンパターンだから。
明日からマレーシア
明日からマレーシア
12月はオーストラリアと中国に、1月はアメリカとカタールに行ってきました。
カタールから数日前に帰国したのだけど、明日からマレーシアとシンガポール、そしてデンマークに行ってきます。
しかも、帰国翌日にはモナコに飛びます。
雑誌の原稿書きの仕事もたくさんあるのだけど、なかなか進みません。

こうも海外取材が続くと移動はうんざりなんだけど、発想の転換でマイレージを楽しんでいます。
昨年はJALで3度目の5万マイルを達成し、何年か前にはJAL25万マイル達成とかで記念のタグが送られてきました。
今はJALよりはANAを使っていて、今年はANAで5万マイルを達成したいと思っています。
そうすれば、荷物の重量超過でもずいぶん助かるし。
マイル修業だと思えば、飛行機に乗っている苦痛もたしかに軽減しますよ。

今夜は成田空港のホリデイインに宿泊。カタールのホテルでは仕事に追われてプールにもサウナにも行かなかったから、今日はリベンジしたい!

写真はカタールでのレース終了日翌日に乗ったラクダです。
ジロ出場チーム
ジロ出場チーム
まだカタールにいて、今日の深夜便で帰国するのだけど、レース会場の話題はなんといってもジロの出場チームである。
プロツールチーム(日本の雑誌にはまだプロツアーと書かれているらしいのだけど、これってツアー・ド・フランスといっているようなもので、聞いている方もトホホ…ですな)がいくつも抜けている。ブイグが抜けたのは当然としても、イタリア人選手カウッキオーリやフルランのいるクレディ・アグリコルがないのはちょっと意外だった。
それからハイロード(旧Tモバイル)もいない。昨年末のロンバルディーアを欠場したことが、オーガナイザーを怒らせたのではないか。
しかし、なんといっても今回の驚きはアックア・エ・サポーネが入っていないことである。昨年リクイガスからサラリーをかなり上乗せされて引き抜かれたガルゼッリは期待に応えて2区間優勝した。さすがジロで1度優勝している男であることを見せつけた。
にもかかわらず、今回選ばれなかった。その理由がなんなのか見当がつかない。
一方、NGCメディカルというチーム、どんな選手がいて、だれがチームの代表なのかも知らない。
ただ僕の車に乗ってサンレモやロンバルディーアを学校を休んで見に来ていた近くの子供が昨年までこのチームにいたのだけど、プロツールのせいで走るレースがないと嘆いていた。
いったいどんな理由でこのチームが選ばれたのか、ゾメニャーンにぜひ聞いてみたいものである。
まあともかく、あと100日でジロが始まる。そろそろシチリアに行く飛行機を予約するつもりだ。

写真は昨年のジロでのガルゼッリ。
カタール最終日
カタール最終日
先日行っていたロサンゼルスでのトラック・ワールドカップで、プレスルームの机が突然崩れ、その上に置いていた自分のカメラが2台ともふっとんだ。
つけていたストロボがまっぷたつとなり、帰国後にキヤノンに持っていって修理を見積もってもらったら、昨日携帯電話に連絡があって、高つくことを言われ、結局あきらめることに。

昨日はオートバイに乗っていたら、いつのまにかメガネに付けていたはめ込み式のサングラスの片方が紛失していた。
不思議なことに、片方がサングラス、片方が普通のメガネとなっていたのに、まったく気がつかなかった。
1万円ほどしたのに、ああもったいない。

まあ、こんなトラブルに見舞われながらも、なんとか最終日がやってきた。
外は朝から強風が吹いていて、選手にとっては大変な一日になりそうだ。
多くのチームは明日帰るが、ミルラムとリクイガスは飛行機の切符がとれなかったといことで、なんと月曜日に出発するという。
6日間のレースで13日間もここにいるなんてばかげていると、スタッフの一人が嘆いていた。
僕も来週からすぐにマレーシアに行くし、そのあとは直接デンマークに行かなければならないので、今は早く家に帰りたい。

(写真は、今宿泊しているリッツカールトン・ドーハの廊下からの見下ろし。立派です)