Diary Only japanese
最新のDiary
2017-06-26
磁気帯び
2017-06-23
飛行機の中の犯罪
2017-06-20
ciclissimo No.54
2017-06-13
引退すると
2017-06-05
世界が不安定
過去のDiary

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

思わぬ展開
思わぬ展開
このままクルイシュウィックがマリア・ローザを守るだろうと多くの人が思っていたし、自分もそう確信していたけど、アニェッロの下りで雪の壁に突っ込んで大きく遅れてしまった。
この下りは100km/h以上出るから、僕も選手に道を譲るためにストップ。マリア・ローザの写真も撮ったら、まさにその直後に
「カドゥータ、マリア・ローザ」(マリア・ローザ、落車)というボンファンティ(女性レースディレクター)の叫び声が聞こえ、慌ててオートバイを走らせたが、すでに立ち上がっていた。

さらに下って行くと、今度はザカリンが土手から15m以上吹っ飛んでいて、死んだようになっていた。
しかも場所はあまりカーブしていなかった。なにが起きたのだろうか?

とにかくすごいレースだった。

写真はアニェッロの下りでのマリア・ローザ。この直後に雪の壁に突っ込む。
休養日で睡眠不足
休養日で睡眠不足
昨日の休養日はレースがなかったのでリズムが逆に狂ってしまった。
夜中に目が覚めて、ディルーカの本を読み出したら止まらなくなり、かなりの睡眠不足に。
ドーピングの暴露本には違いないけど、それよりもパオロ・ベッティーニがリーダーだったイタリアナショナルチームへの反発心の部分がもっとも面白い。
自転車選手の心理状態が改めて分かった。
があります。 写真がここで見られます。
今日はジロ最後の休養日で、昨日のTTのスタートの町に3連泊してます。
ジェイ・スポーツのサイトで砂田写真館があります。
写真がここで見られます。
http://www.jsports.co.jp/cycle/sunada_photo/
休養日
今日は休養日なんだけど、ホテルの近くにコインランドリーがあって、そこで洗濯。
というか、コインランドリーがあるところを覚えていて、最初からその近くにホテルを取っているんです。
ヨーロッパでコインランドリーを見つけるのは、そんなに簡単ではないのです。
とくにイタリアやスペインは大変。
コインがなくなってしっかりと乾燥できなかったので、ホテルでアイロン掛けしました。
銀行
シティバンクの個人業務が日本から撤退したために、銀行名が変わったのだけど、それで海外からの送金が受け取れないことが続出しています。
問い合わせても、これはどうにもならない問題と言われて、もう頭を抱えています。
受け取りをソニーバンクにしたら、今朝オーストラリアから連絡が来て、そこにも送れなかったと。
ジロ・ディ・イタリアで朝から夜まで仕事なのに、いったいなんでこんなことで頭を悩ませなくちゃいけないんだろうかと思います。
銀行を変えると、海外からのギャラの受け取りで大変なことになります。

日本では地元のマイナー銀行を使っているのだけど、行員のレベルがあまりに低く(一度、うちになんの連絡もなしにどかどかと数人が入ってきたときにはブチ切れそうになりました)、使いたくないのだけど、変えるのが面倒なので、ずっと使っています。
ディルーカの暴露本
ディルーカの暴露本
今、イタリアで発売されたばかりの本を読んでいる。
ダニーロ・ディルーカの本だ。
ご存知、ジロをはじめ数々のレースで優勝したのだけど、ドーピングで永久追放になった。
内容なんだけど、本というのは書いてはいけないこともたくさんあるにもかかわらず、プライベートのことを含め、もうかなりのことが書かれている。
衝撃だったのは、シドニー五輪で調子が悪く、イタリアに戻ってクランクが何者かによって交換されていたことに気づいたところ。170が175に交換されていたという。
当時はマペイチームの影響が強く、それで勝たせないようにされたことを匂わせている(ただし、本人もマペイ入りを強く希望していた)。
久しぶりに、読み出したら止まらない本に出会った。
日本滞在
帰国してから、毎日があっというまに過ぎていきます。
帰国前に強い風が吹いたせいで。いろんなところに埃がたまっていて、その掃除もありましたが、昨夜も猛烈な風で、再び埃がすごかったです。
今朝は飛んできたクズや窓の桟の掃除をしました。
明後日、出国しますが、今回は3週間ちょっとで帰国できるので、気が楽です。