Diary Only japanese
最新のDiary
2017-10-17
フラヴィオ・ジュッポーニのこと
2017-10-14
時差ボケ
2017-10-08
70歳定年制
2017-10-07
ヨーロッパで最後のレース
2017-10-03
カタルーニャの独立運動での警察の暴力の酷さ
過去のDiary

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

イタリアで地震
イタリアで地震
イタリア中部で地震があり、6人が死亡したというニュースを見た。
そのあたりはこれまでにも地震が起きていて、2009年には300人以上が死亡している。
ジロ・ディ・イタリアやティレーノ〜アドリアティコなどをはじめ、これまで何度も行っているところだ。
写真は2010年のジロ・ディ・イタリアで、地震跡を通過した時。
ペレイロ
ペレイロ
ブエルタ・ア・エスパーニャの第3ステージのスタート前。
左からサムエル・サンチェス、オスカル・ペレイロ、イヴァン・バッソです。
ペレイロは今、ブエルタが来ているガリシア地方の出身。
引退して何年も経つけど、ツール・ド・フランスの優勝者として名が通っています。
彼から
「何年間、この仕事をやっているんだ。あと何年やるのか?家族は?」と心配されました。
ペレイロの現役時代、ツール・ド・フランスで道から転落して何メートルも下の道路まで転がっていった事件のことが忘れられません。
子供を連れてきていたけど、時間が経つのは速いことを感じました。
リオ五輪からブエルタに移動
リオ五輪からブエルタに移動
昨日でリオ五輪の取材を終え、これよりミラノを経由してスペインのビゴに向かいます。

15泊したアパート(1泊4万円!)をあとにして、空港までバスで移動したのだけど、現地の一人から
「そんな荷物を持ってバスで移動すると危険。ブラジルは悪い人間がいっぱいいるから狙われるぞ」と注意された。
目の前には、今大会で終始悩まされたドブ水(強烈な悪臭、五輪村にも終始漂っていました)が流れ、しかもいわゆる貧民街が目の前に広がる。
さすがに百戦錬磨の自分も恐怖感を覚えました。

今、空港で6時間ほど待っていますが、ラウンジで仕事しています。
CICLISSIMO No.52
CICLISSIMO No.52
砂田弓弦監修 自転車ロードレースマガジン
CICLISSIMO No.52
ツール・ド・フランス第103回大会完全レポート号
付録とも定価1,620円(本体1,500円+税)
8月19日(金)発売 
A4ワイド判/網代綴じ
八重洲出版発行
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
特別付録 ツール撮り下ろし!
 フルームのA2判両面刷りポスター

ツール・ド・フランス第103回大会完全レポート
 ・総括 マイヨ・ジョーヌ&総合上位選手
 ・注目選手
  新城幸也/カヴェンディッシュ/アラフィリップ
 ・ツールに登場した注目機材とメカ対策
 ・コンタドールの去就
 ・フルームの下りアタック
 ・小河原政男のツール“追っかけ”スケッチブック
・全21ステージ レポート/成績

ジャパンカップ&さいたまクリテリウム直前ガイド
書評『スティグマータ』
 
好評連載
・米国式PCGコーチ 中田尚志発 パワートレーニング最前線
・ミラノで自転車を作る イタリアで大人気のグランフォンド
※内容は、すべて予定です
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
リオ五輪・体操の写真
リオ五輪・体操の写真が少しですけど、ここに出てます。

http://rio.headlines.yahoo.co.jp/rio/gallery/detail?a=20160811-00010005-storyfulp-spo.view-021

自転車の写真は毎日出ていますが、自転車以外は門外漢なので、うれしいものです。
そして、他のスポーツも機会があればぜひ撮ってみたいと思います。
ストレス満載
誰に聞いても、オーガナイズの面で、これまでの最悪の五輪というけど、僕はこれが初めてだから比較のしようがない。
ただ、これだけは言えるのは、これほど言葉が通じない国には行ったことがない。
これまで45カ国ほど行った記憶があるが、イタリア語ができればいい加減なフランス語、スペイン語、それから小学生並みの英語で物事を進めてきた。
ところがブラジルはポルトガル語オンリー。英語を喋る人をまだ見ていない。
たぶん、学校で義務化されてないのではないだろうか。
初めての経験だ。
コミニュケーションがとれないというのは、想像以上の不便だ。
まあ、東京五輪は日本語なので心配ないけど、まず仕事はしていないだろう。
たとえやっていたとしても、五輪はもう行かないと思う。
五輪に出発
今晩のミラノからの飛行機でリオ五輪に行きます。
これまで28年間自転車レースだけで40カ国以上に行ってきたけど、今回はちょっと不安です。
なにしろ五輪のミニ版ともいえるアジア大会にはこれまで2回行っているけど、五輪は初めて。
ブラジルに行くのも初めてだし、使う飛行機会社も初めて。

宿泊はホテルではなくアパート。
5人泊まれる家を同業者でイギリス人のワトソンと折半するけど、1泊4万円で15泊。
一人当たり宿泊だけで30万円だ。
毎日の食事をどうするかということもあるし、空港からのアクセスもちゃんとできるか心配。

とにかく頑張って仕事しなくてはならない。