Diary Only japanese
最新のDiary
2018-08-19
危ない目
2018-08-14
チクリッシモ No.58
2018-08-07
8月11日、大阪での講演
2018-08-06
写真販売
2018-08-04
相次ぐ訃報
過去のDiary

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

危ない目
パリで行われた世界陸上を取材したことがある。
マラソンは凱旋門近くを通るコースだったので地下鉄で移動したけど、サッカーをよく撮る日本のフォトグラファーは、
「今フランスだからこんな超望遠レンズを持って地下鉄に乗れるけど、ブラジルだったら殺されると思う」と苦笑していた。

僕がリオ五輪でスーツケースを持ってバスに乗ったら、親切な乗客が
「こんな大きな荷物を持ってバスに乗るなんて危ない」と忠告してくれた。
窓の外はスラム街。
本当に震え上がり、タクシーに乗らなかったことを後悔した。

フランスのレキップ紙に勤めてる友人は取材でベルナール・イノーをいっしょにサンクトペテルブルクを歩いていた。
前からちょっと怪しい数人のグループが歩いてきた。
なにも起きなかったと安心したのもつかの間、カメラにつけていたレンスがないことに気づいた。
しかも驚くことに、彼の上司もその何年か前にサンクトペテルブルクで同じ手口でやられたという。
チクリッシモ No.58
チクリッシモ No.58
砂田弓弦監修 自転車ロードレースマガジン『ciclissimo(チクリッシモ)』は、本場のレースシーンをグラフィックにレポートする専門誌です。

2018年8月18日(土)発売のNo.58は、ツール・ド・フランス2018の熱き闘いを振り返る大特集号。総合覇者ゲラント・トーマスとディフェンディングチャンピオン、クリス・フルームの間に発生した“下剋上”の内幕を現地取材班が徹底レポートするなど、今大会の全貌をどこよりも詳しく、そして面白くお伝えします。特別付録・ツール2018出場22チームジャージステッカーと総合覇者G・トーマス/チームスカイの両面刷りポスターが付いて、定価は1480円(税込)です。
8月11日、大阪での講演
8月11日に大阪で講演します。
2018/8/11(土) 14:00~2018/8/11(土) 17:00
スポーツサイクル プロショップ アベノバ(マペイ等で走っていた元プロ選手、阿部良之のお店です)
新刊や写真集の販売もさせていただきます。ご希望の方にはサインもいたします。

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hardznzg3s.html
写真販売
写真販売
このホームページにも詳しいことが書かれていますが、写真の販売もあります。
これは今回広島のDさんからご注文頂いたワイド全紙の額入りです。
2008年のツール・ド・フランス、ひまわりの写真です。
人気の写真で、これまで多くの方に納品させていただいています。
相次ぐ訃報
相次ぐ訃報
アルマン・デラスクエバスが自殺したことを知った。
90年代にカストラマやバネストでフィニョンやインドゥラインのアシストを務めたフランス選手だが、他のチームに行けばエース格で、実際ドーフィネで優勝経験を持っている。タイムトライアルでも山岳でも強かった。
最近何をしているだろうと思っていたが、突然の訃報に驚いた。
数日前、ドイツのアンドレア・カペスが心臓麻痺で亡くなったときも驚いた。トラックで活躍した選手だったが、ジロで区間優勝もしている。
日本の新聞
今週の月曜日、パリのシャルルドゴール空港から日本に向かった。
空港内のラウンジで新聞を広げて見た。ちょうどツール・ド・フランス閉幕の翌日だ。
フランスのスポーツ新聞レキップは、さすが開催側が出しているだけに10ページ近く割いている。内容も濃く、ゲラント・トーマスが青年時代に入っていたクラブを取材していた。
アメリカのニューヨーク・タイムズはトーマスが奥さんと抱擁し合う写真を掲載していた。
一方、日本の朝日も日経も写真もなければ記事もなし。
いくら日本から選手が出ていないとはいえ、これはあまりに寂しい。
それどころか、朝日だったと思うけど、日大のアメフト問題に1ページ割いていた。
自転車に関していうと、日本の新聞は買うどころか、広げても無意味である。