Diary Only japanese
最新のDiary
2017-12-15
ブリュッセルから
2017-12-14
ミラノ到着
2017-12-08
フルームのジロ参戦
2017-12-07
イスラエル
2017-12-05
第10回TOJ美濃ステージトークショーの模様
過去のDiary

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

チームカーに使うクルマ
ツール・ド・ランカウイのオフィシャルカーが今年からBMWになったのだけど、長年監督をやっている人に聞いたら、たしかにいい車だけど、スウェーデンのV社、フランスのC社だってすごくよかったと言うのにちょっと驚きました。
とくにVはパリ〜ルーベでもなにも準備する必要がなかったとも。
チームによってはホールを変えて、車高を上げていますからね。
車もコーナリングや急加速が求められるので、なかなか評価が厳しくなります。
チームカーに殺されそうになった
今いるツーロ・ド・ランカウイ、Isowhey Sports Swisswellnessというチームがリーダーなんだけど、ここの第2チームカーが突然ガソリンスタンドに入るのに曲がったために、危うく衝突しそうになった。
この車をレース中に捕まえて文句を言ったら、謝るどころか、ふざけた態度。
ぶちきれて、レース中に2人のコミッセールのところに抗議に。
しかし、ここのチーフコミッセール、見たことがない人間なんだけど、レースになれていないのが一目瞭然で、ヨーロッパでふだんやっているコミッセールとは雲泥の差。
2人の優秀なオランダのコミッセールがいて、彼らはすでにグランツールでチーフもやっていてよく知っているから、夕食時にわざわざテーブルまで行って再び抗議。
「プロチームの監督じゃないから」というのが結論なんだけど、ルールを無視した素人監督に殺されたんじゃたまりません。
インターネットのない生活なんて
ツール・ド・ランカウイに来ました。
フランスのジャーナリストが、ここに来る前、1週間ほど近くの島に滞在していたのですが、そこにはインターネットがなく、実に快適な生活だったと言います。
さすがフランス人、これが彼らのホリデーです。
僕には絶対無理です。
今、成田空港です
これより、ツール・ド・ランカウイの取材でマレーシアに行きます。
このレース、これまで10回くらいは行っていると思うけど、ここ数年は中東に行っていたので、数年ぶりの取材です。
久しぶりのクアラルンプールだけど、事件があったばかりで...。
セルジュ・バゲ死去
セルジュ・バゲ死去
ベルギーのセルジュ・バゲが腸のガンで47歳という若さでなくなった。
現役の時は国内チャンピオンになったり、ツール・ド・フランスの区間優勝もした。
1991年にロットに入ったのだけど、97年から3年間プロをやめている。そして2000年から再びロットで走り、前出の成績を出したという変わり種だ。
しかし、ロットが安いオファーを出してきたことから、最後の2年間はクイックステップで走った。
スタートでカメラを向けると、いつも立ち止まって写真を撮り終わるまで動かずに待ってくれた。
合掌。

写真は2001年のツール・ド・フランスでの区間優勝。
チクリッシモ、リニューアルして3月3日発売
チクリッシモ、リニューアルして3月3日発売
2006年創刊のロードレース雑誌チクリッシモが
来月3/3(金)発売のNo.53よりデザインを一新、リニューアルします。
これまでの『左綴じ、横書き』から『右綴じ・縦書き』に変わります。
ロゴデザインも変わりました。
価格はリニューアル記念特価の1200円(税別)です。
選手名鑑が入ってます。
選手の名前、レースの名前なんか、もうテキトーにつけてきた日本の悪しき慣行を断ち切ることは続けています。
ちなみに3月3日は私の25回目の結婚記念日です。夜露死苦。
スカイの隠しモーター疑惑
先日、スカイの隠しモーター疑惑が報道され、衝撃を受けた。
http://www.afpbb.com/articles/-/3115946?pid=0
誰もが真っ先に思い浮かべるのは、フルームの例の高速回転走法だろう。
昔、モンヴァントゥで見せて世間を驚愕させた時、僕もこの世のものとは思えなかった。

アームストロングはドーピング検査で一度も捕まることがなかったにもかかわらず、アメリカの団体が周りの選手を攻め落としていって追い込んだ。
だけど、今回のモーター疑惑、たとえ調べるにしても、まずどこの管轄になるんだろうか?
警察?
まったくわからない。

願わくば、この世界にありがちな推測だけで終わって欲しい。
一生懸命働いてお金持ちになった人に対し、どうせ脱税しているんだろうと思う人は必ずいるからだ。

だけど、もし隠しモーターが自転車界に本当にあったとしたら、ドーピング以上の深刻な事態だ。
実際にシクロクロスでベルギーの女子の選手から見つかっているのが辛いところだ。
同業者の引退
僕のウエブサイトからイギリスやオーストラリアの雑誌が、同業者であるワトソンの顔写真をダウンロードしていったので、なにに使ったのか追って見たら、その雑誌のウエブサイトでワトソンが引退することを発表していた。青天の霹靂である。

http://www.cyclingweekly.co.uk/news/latest-news/world-renowned-cycling-photographer-graham-watson-announces-retirement-309399

http://www.ridemedia.com.au/features/graham-watson-retired-38-years-peloton/

僕は彼とすごく仲が良くて、先般のリオ五輪でも部屋をシェアして使ったくらいだ。
そのとき、東京五輪までやる気はないと言っていたけど、あとしばらくは続けると言っていた。
僕よりも5歳年上とは言え、僕よりも早く辞めるとは夢にも思わなかった。
すでにニュージーランドに移住していて、家も新たに建て直していると言っていた。
みなさんにはあまり関係ないけど、仲の良い同業者が突然辞めるというのは、ショックなものである。