Diary Only japanese
最新のDiary
2017-06-26
磁気帯び
2017-06-23
飛行機の中の犯罪
2017-06-20
ciclissimo No.54
2017-06-13
引退すると
2017-06-05
世界が不安定
過去のDiary

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

12月31日まで特別割引
春先にヨーロッパで借りるレンタカー、12月31日まで申し込めば安くなるというのを今日発見。
ここは昨年から借りている。担当者がフランス人にもかかわらず、しっかりしていて、安心できる。
本日、12月31日の最終日に担当者に連絡したら、クルマでパリに向かっているところで、現地時間の午後5時半(日本時間の1月1日の午前0時30分)に連絡するとのこと。
こうして、僕の2015年は、レンタカーの予約で終わっていった...。
今日も家の掃除に加え、春先のクラシックの航空券とホテルの予約に追われた。
つまり、大晦日もずっと仕事だった。

それではみなさま、よいお年をお迎えください。

ガゼッタは連日のストライキ
ガゼッタは連日のストライキ
ガゼッタは22日に続き、24日もストライキ。
しかし、定期購読者にその分をおまけするなどの措置はなし。
自分たちの権利ばかり主張していて、何かあればすぐに不況だの、移民だのという。
消費者の権利など、ちっともない国である。
ティレーノ〜アドリアティコ 2016
ティレーノ〜アドリアティコ 2016
今日、ティレーノ〜アドリアティコのコースが発表されました。
すぐにオートバイ運転手の手配をし、そしてホテルの予約を開始します。
こういう仕事は写真を撮るよりずっと大変です。
ブーニョの特番をYouTubeで2時間見てしまった
https://www.youtube.com/watch?v=ZvJJpyXuWTc

これを見てしまった、2時間も。
うちにはもう自転車のものは何も残っていないのだそうだ。
うん、僕が見てきた27年間の世界チャンピオンで、やっぱりブーニョが一番好きだ(笑)。
COLNAGOのミサ
COLNAGOのミサ
毎年恒例、コルナーゴのミサに行ってきました。
今年はミサを行う部屋のレイアウトを変え、ますますかっこよくなりました。
そして、食事するところも、いつものようにセルフサービスではなくて、ボーイさんが運ぶスタイルになりました。
だけど、僕は写真を撮っている間に座席をキープできず、あぶれてしまって、家に帰ってきました。
それでも、前菜だけがセルフで、腹一杯になりました。
新宿でパンターニの映画を見た
今年のシーズン途中で引退したペタッキが全盛期のとき、自転車雑誌を買うことがあるのか聞いたら、
「買わない。だってチポッリーニとパンターニのことしか書いてないから」という返事だった。
チポッリーニとパンターニは、自転車界のスターだった。
彼らが活躍した90年代、自転車界は勢いがあった。テレビも新聞も、自転車に大きなスペースをとっていた。
レースもアタックに次ぐアタックで面白かったし、いろんなスポンサーがレースやチームについた。観客も多かった。パンターニはシトロエンのテレビコマーシャルにも出ていた。
この2人のキャリアは、自分のフォトグラファーとしてのキャリアとも一致している。
ジロが始まる時になると、ガゼッタの雑誌部門から自分に金が振り込まれた。大金でしかも前払い…今では考えられないことだ。

選手たちがドーピングしているのは、少なくとも自転車界で生きている人間はみんな知っていた。
走るスピードが異常に速いことがなによりの証拠だった。
それにある年のジロで、ギリシャからイタリア本土に渡る船で検査が行われるという情報に驚いたチームは、船を使わずにはるばる陸路でギリシャからイタリアに戻っていった。

今、僕はニュージーランドに来ているけど、出国する前に新宿でパンターニの映画を見た。
フェスティナ事件でジャンマリー・ルブランが
「チームがドーピングに関わるなど、あってはならない…」と言っていたけど、当時はチームが予算をとって主導することはあたりまえだった。
走っていた選手たちは、なにもやっていないと言うのが決まり文句だったけど、引退した今になって、やっていたことを前提で話をするものだから内心すごく驚くことが多々ある。
「そういう時代だった」という認識を僕らは共有している。

結果的に僕はパンターニに稼がせてもらったし、ステップアップさせてもらった。
彼と話をしたことがある唯一の日本人でもあっただろう。
マドンナ・ディ・カンピリオでの失格事件でも、当日、ガゼッタの雑誌のグラビア数ページに写真が掲載され、意気揚々としてスタートに行ったら、とんでもないことになっていた。
そんなこともあって、映画を見ている間、いろんな感情とか思い出とかが湧き上がってきて、恥ずかしながらずっと涙が止まらなかった。
とにかく、パンターニはあの時代の犠牲者であるという思いが強い。