Diary Only japanese
最新のDiary
2017-08-15
オーストラリアの五輪メダリストの自殺
2017-08-12
来週からブエルタ
2017-08-07
トークショーの後で
2017-08-06
トークショー終了
2017-08-02
フランスの写真集と契約
過去のDiary

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

シークレット・レース
シークレット・レース
富山の家にいます。
帰宅したら、小学館から「シークレット・レース」という書籍が届いていました。
このカバーに写真を使っていただいたのです。

強豪だったタイラー・ハミルトンと、ダニエル・コイルというアメリカの作家の共著で、アームストロングをはじめとする一連のドーピングのことを書いたノンフィクション、らしいです。
らしいというのは、まだ読んでないからなのだけど、冒頭を読んだだけで、すぐに引き込まれてしまう。
うーん、この忙しいときに、手を出してはいけない本だ。
ちょっと時間が出来てから読むことにしよう。
ジロ終了、帰国
ジロ終了、帰国
帰国しました。
今日は都内で打ち合わせがあります。
まあ、今回のジロは天気が悪かったですが、それよりもあのステージのキャンセルが痛かった。
いちばん面白いはずの山岳コースがなくなったわけですから。

だけど、カレンダー用の写真はいっぱい撮れました。
ミラノ〜サンレモといい、ジロといい、来年の僕のカレンダー写真は、雪で真っ白なのがいっぱいあると思います(笑)。
火曜日に帰国
自転車競技は好きだけど、取材の現場に長くいると、早く抜け出したい気分になることがあります。
今はその絶頂期です。
もうスイッチオフどころか、プラグをコンセントから抜いてしまいたい。

日曜日にジロ・ディ・イタリアは終了し、月曜日に速攻でパリ経由の帰国便に搭乗。
日本に帰ったら、都内で打ち合わせがあって一泊。
そのあと、ツール・ド・フランスに出発するまでの間、家にひきこもって、書斎のリフォームに集中します。
でも、その書斎にも、昔撮ったカンパニョーロのポスターが飾ってあったりして....。
第19ステージはキャンセル
朝起きたら、雨がみぞれに変わり、朝ご飯を食べに行ったらすっかり雪になっていた。
今年のミラノ〜サンレモみたいに雪の中を走るのか、ステージが短縮されるのか、あるいはステージ自体がキャンセルされるのか情報を待っていたら、ちょうどいっしょに泊まっていたアンドローニの方に、副レースディレクターのアロッキオから中止決定の電話が入った。

次のホテルが山の中にあると言うことですぐにそれをキャンセルして新しく取り直し、そこにクルマで着いて間もなくディルーカから陽性反応が出たと知らせを受けた。
ホテルに行っても、すでに前のホテルから直帰したとのこと。

そのあとガゼッタからの要請で、アスタナのホテルに行ってニバリの写真撮影。
広報担当者を通して取材依頼をし、ホールで待つこと約1時間。
そのうち、ニバリがそこに現れたので直訴したら、あっさりすぐに撮影をやろうということに。
やっぱり、選手との直接交渉がいちばん速い。
ディルーカも、頼めばすぐに何でもやってくれる選手だったのだが...。
今日も帰宅
昨日の休養日をフランスで過ごし、今日のステージでまたイタリアに戻ります。
そしてレース終了後にミラノの家で泊まります。
今晩はラーメンを食べよう! これが本日の心の糧です。
雪!
雪!
昨日はスタートから雨で、ゴールでは雪。
今日、起きたら雪が積もっているではないか。
驚きの異常気象に見舞われている5月のイタリア。
しかも、今も雪が降っている。
手袋なしに写真が撮れるか、ちょっと心配だ。
いったん帰宅
今日は朝から雨。
レース終了後、300km以上走って家にいったん帰ります。
資材の補充、洗濯、ツール・ド・フランスの用意!等、やることが山積みです。
でもジロはやっと半分が終わったばかりかあ...(ため息)。
昨日、38度を超す熱が出ながらの取材だった。
身体の節々が痛いし、頭はふらふらするし、吐き気はするしで、すごく辛かった。
以前、フランスのティーニュというスキー場で、やはり38度の熱が出ながら、雪の中を撮ったことがあったけど、それ以来の修行となった。
今朝は熱も下がり、これからクルマで150km移動して第7ステージに行く。
ルーカ・パオリーニ
ルーカ・パオリーニ
昨日の第3ステージで区間優勝したパオリーニ。
アマチュア時代から有名で、プロに入ってからはずっとベッティーニのアシストをやってました。
今年36歳なのにすごく調子がよく、昨日の勝利、そしてマリア・ローザは予想の範囲でした。

この写真は、去年のツール・ド・フランスの最終ステージ。
シャンゼリゼに入る前にエッフェル塔が見えたとき
「今、写真を撮って送って!」と言ってきて...。
ナポリ到着
ナポリ到着
朝4時半に起きて、ミラノからナポリに飛びました。
空港で「チーム・スナダ」のスタッフと落ち合い、ナポリの真ん中にある大会受付へ。
無法地帯みたいなナポリだから、完全にカオス状態です。

大会の受付は海の中にあるお城。
こんな感じです。
これより、チームプレゼンテーションが行われます。
明日、ミラノからナポリに
たとえば明日からのジロに合わせ、通常だったらきょう日本からイタリアに到着するところを、今回は余裕を見て昨日到着しました。
だから、ゆとりを持って行動でき、これからはこうしようと思いました。
時間に追われるのはよくないですからね。

明日、ミラノのリナーテ空港7時半の便に搭乗し、ナポリに向かいます。
半素人的なオーガナイザーにいつも苦しめられますが、僕の第2のふるさとイタリア最大のレース。
憂鬱な面が半分と、気合いが半分…といったところです。