Diary Only japanese
最新のDiary
2017-12-15
ブリュッセルから
2017-12-14
ミラノ到着
2017-12-08
フルームのジロ参戦
2017-12-07
イスラエル
2017-12-05
第10回TOJ美濃ステージトークショーの模様
過去のDiary

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ジロの出場チーム決定
ジロの出場チームが発表されたけど、アンドローニとニッポが選ばれなかったことに波紋が起きている。
出場枠が決まっている以上、取り残されるチームが出るのは仕方がないが、イタリアのチームがジロに出られない場合、まずはチームの解散が噂される。
それほど、重要なことなのだ。

プロツール、ワールドツールになって良いこともあったが、弊害もあって、参加意欲がなくても自動的に出られるチームと、その反対のチームの落差があまりに激しいことだ。
参加資格を金銭で取引してもよくするのが現実的ではないだろうか?
チャベス
チャベス
今、ツール・ダウンアンダーのプレスルームにいるのだけど、このレースはいろんなものが世界で一番だと思う。
その一つは、プレスルームにコーヒーサービスがあること。
今日、誰が貼ったのか、機械にチャベスの写真が!(実は彼の誕生日らしい)

チャベスはジャーナリストやファンからのウケが実によく、先日も国際自転車競技ジャーナリスト協会からもっとも協力的な選手だったということで表彰されたほどだ。
一昨年、僕はコロンビアで彼の家族を取材したけど、あの笑顔はこの家族の教育の賜物だと思った。
驚愕のシーン
何年か前のツール・デ・フランドルで、アメリカのプロトン・マガジンからインタビューを受けたことがあるのだけど、そこで驚愕のシーンを見た。
インタビュアーとライターが来たのだけど、そのライターはiPhoneを使った。
しかし、それは音声録音ではなく、文字の打ち込みなのだ。
インタビュアーと僕の話を聴きながら、彼はものすごいスピードでiPhoneのキーボードを一本の指で打った。
世の中にはすごい人がいるものだ。
ジャンニ・メールスマンの引退
エティックスで走り、昨年のブエルタ・ア・エスパーニャで2区間制したジャンニ・メールスマンが2017年からフォルトゥネオに移籍することが決まっていたにもかかわらず、年末に突然引退した。
原因は心臓に異常が認められたため。
実はプロ選手が現役の時に心臓に異常が認められる例は少なくなく、これまで何人も引退している。
自転車が仕事であり、趣味でもある彼が引退を決意したのは、家族に心配をかけないためだった。

http://www.rtbf.be/sport/cyclisme/detail_meersman-met-un-terme-a-sa-carriere-suite-a-un-bilan-cardiaque-anormal?id=9492069
病院で検査
2、3週間前からときどき胸がつかえるような感じがするときがある。
さつまいもを食べて喉が詰まるような感じだ。
食欲はあるし、体には異常がないのだけど、念のために病院へ。

おそらく食道の炎症だろうが、念のために心電図もとってみることに。
そこで言われたのは、今脈拍が遅いということ。
これは毎回言われる。
普通の人は50以上らしいが、今日は40だった。
僕は生まれつき遅いのだ。
真剣に自転車に乗っていた時は、起床時には30を切っていた。

数年前までツール・ド・フランス開幕前に身体検査があった。
そこでは小学校の身体検査みたいなものが行われるのだけど、たとえば1997年の最小脈拍数はマウロ・ジャネッティの27だった。
しかも、会場まで自転車に乗ってきて測定したから、多少は上がっていたはずである。