Diary Only japanese
最新のDiary
2017-08-15
オーストラリアの五輪メダリストの自殺
2017-08-12
来週からブエルタ
2017-08-07
トークショーの後で
2017-08-06
トークショー終了
2017-08-02
フランスの写真集と契約
過去のDiary

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

福島晋一が海外の雑誌の表紙に
福島晋一が海外の雑誌の表紙に
アメリカの自転車雑誌「プロトン」の最新号の表紙、なんとジャパンカップ時の福島晋一です。
http://www.pelotonmagazine.com
海外の雑誌で日本人が表紙になったのは記憶にない。
まあ、我ながらいい写真だなあと思っていたのだけど、この展開に驚き(笑)。
2014シーズン始動開始
2014シーズン始動開始
昨日、A.S.O.(ツール・ド・フランスのオーガナイザー)から来年のツアー・オブ・カタールとツアー・オブ・オマーンの招待が来たのだけど、そのメールの出足が
「さいたまクリテリウム楽しんだかい?日本人はどんだけ自転車が好きなの!」でした(笑)。

しかし、カタールの女子レースがガゼッタのドバイのレースとバッティングしているので、調整しなくてならない。
今日、ガゼッタに電話してみよう。
きっと、何も決まっていないと言うと思うけど...。
予約ミス
北のクラシックにはミラノからベルギーやフランスに飛行機で往復する。
昨日、その第1号の航空券を予約した。
ブリュッセルエアー(旧サベナ)とアリタリアがほぼ同じ料金。
いろいろ考えて、ブリュッセルでオンライン購入したのだけど、3月27日出発予定がこちらのミスで2月27日になっていてびっくり。
あわてて国際電話でカスタマーサービスに電話したら、すんなりと無料交換してくれた。
アリタリアで購入してたら、そもそも電話だってつながったか疑問である。
これ、笑わせてくれますよ
1985年のイタリア その1
1985年のイタリア その1
自分の自転車競技に対する知識や経験は、やっぱりイタリアで身につけたと言えます。
そんなこともあり、イタリアに渡った最初の年である1985年の写真を少しずつお見せしようかと思っています。
これは1985年のアマチュアの最高カテゴリーのイタリア選手権です。
優勝したのは、オスカル・ペッリコーニ。アマではたしかこれを含めて2度イタリアチャンピオンになっていて、その後プロに進み、さらに引退後はアモーレ・エ・ヴィータの監督をやってました。
しかし、アマチュアのレースでもすごい観客です。

チームカーだって、たしか100台以上はあったと思います。
イタリア全土から選手が集まって来るのですが、たとえ1人しか出ていないチームでもサポートーを出す権利があったのだと思います。少なくとも当時は。

チームカーの走っていないロードレースというのは、僕の中ではレースじゃないんです。
このあたり、日本のレースはぜひ見習ってほしいものです。

1985年の日本といえば、ロードレースでもお釜ヘルメットをかぶらされ、国体のスタートは朝6時でした。チームカーなど、存在すらしません。今でもまともに走らせてもらえないのですから。
かたやイタリアではアマのレースでもあたりまえにチームカーがコースを走り、沿道は観客で溢れ、プロレースのような状況だったわけです。
落車しました
書斎で椅子の下に挽いてあるチェアマットのずれを直そうとしてしゃがんだら、後ろにあったソファの肘置きに尾てい骨を強打。筆舌に尽くし難い痛さで床に倒れ込んだ。
頭の中ではツール・ド・フランスのラジオツール
「シュート!シュート!」というセバスティアン君の叫び声がこだました。

今もその痛みが続いているのだけど、天気がいいから身体を動かすことに。
昨日に続いて自転車に乗ることも考えたけど、あまりに風が強いので今日はジョギング。
家の近くにある丘を目指して行くと、トラックの運ちゃんが止まって
「猿の群れがいるから行くのはやめた方がいい」とアドバイスをくれた。

尾てい骨は、人にしっぽがあった名残というけど、その祖先がプロトンをなして人に向かってアタックかよ?
まあ、今日はジョギングを途中でやめ、家に戻って来た。
幕張でのサイクルモードが終了
幕張でのサイクルモードが終了
幕張でのサイクルモードインターナショナル2013が終わりました。
メインステージでのトークショーは新城君の友情出演もあって盛況でした。
参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。
このあと、以下の日程で私のイベントがあります。

OVE中之島(11/23)
http://www.ove-web.com/event/entry-586.html

OVE南青山(11/30)
http://www.ove-web.com/event/entry-587.html


写真は私のトークショーです。新城選手のおかげで満席でした。
サイクルモード最終日
サイクルモード最終日
千葉県の幕張で行われているサイクルモードに来てます。今日11月4日が最終日なのですが、12:30〜13:00にメインステージで私のスライド&トークショーが行われます。新城幸也君も参加してくれる予定になってます。
そのあと、私は13:30〜14:00に八重洲出版ブースにいます。

写真は今年のリエージュ〜バストーニュ〜リエージュのスタート。緑のユーロップカーの服を着ているのが新城幸也。オートバイに乗るフォトグラファーがつける黄色のビブ10番をつけているのが私です。くれぐれもお間違えのないように(笑)。