Diary Only japanese
最新のDiary
2020-02-13
オートバイの失格
2020-02-12
春のレース
2020-02-05
トラブル
2020-01-30
ブエルタ・ア・サンフアン
2020-01-21
シグマ fp
過去のDiary

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

マジソン世界チャンピオンのガルベスが事故死
マジソン世界チャンピオンのガルベスが事故死
ガルベスがヘントの6日間レースで死んだと、サイクリングニュースの速報に出ていてびっくりした。
ヘントの6日間レースと言えば、ベルギーのロード選手が集まって、シーズンオフを良いことに、酒をがんがん飲むことで(僕ら内輪の間では)有名だ。
しかも、土曜日から日曜日の深夜での事故で、いちばん盛り上がるときだったが、6日目はキャンセルされることになったと言う。

僕は先日、ベルベルデとロドリゲスについて東京を回っていたけど、ロドリゲスの去年までのチームメイトであるシモーニが、今度MTBからさらにトラックレースに挑戦することを話したとき(ロドリゲスはこのことを知らなかった)、彼らの今のチームメイトであるガルベスの話に及んだ。
僕自身、今年ボルドーで行われた世界選手権で、彼が世界チャンピオンになったときも撮っている。
ガルベスとは直接話したことはなかったけど、プロトンの仲間だった。

プロトンの仲間とは、つまりこういうことである。
バルベルデにしろ、ロドリゲスにしろ、僕はこれまで直接話をしたことがなかった。
だけど実際に会うと、「やあ、元気かい?」となる。つまり、レースでしょっちゅう顔を見ているから、しゃべったことはなくても、もう顔見知りの仲で、この世界でやっている仲間意識があるのだ。
ガルベスだってケルメ時代を含めてジロを2度走っているし、去年・今年はツールも走っている。もちろん他のレースでも僕らは何度も顔を合わせていた。
いつも近くにいる人が突然死ぬと言うのは、かなりショッキングなことである。しかも、3週間前に結婚したばかりというではないか…。

それにぶつかったもう一人の選手デファウだって、クイックステップで走っていた昨年は、ヘットニューズブラッド(ツール・デ・フランドルの主催社で、ベルギーではレキップやガゼッタに当る)の仕事で撮影しているし、今年も同様に同紙に出て、僕に個人的に写真をもらいにきている。
スポーツの上の事故とはいえ、彼だって一生重荷を背負って生きていくことになるかもしれない。

僕は明日からアジア大会に行くけど(イタリアに数日間滞在してからドーハに行く)、かなり心が重たくなった。
(写真は今年の世界選マジソンの表彰式。左がガルベス。ロード選手のトラック世界選での勝利は、そう数あることではない)
« prev | next »