Diary Only japanese
最新のDiary
2020-03-29
イタリア
2020-03-16
非常事態
2020-03-11
基本の基
2020-03-05
今日出国
2020-02-24
UAEツール
過去のDiary

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ミラノに到着
トラック世界選が終わった。
最終日の夜は、銀輪の風のスタッフや中野浩一さん夫妻、滝沢正光さんらが集まる中、日本食レストランで打ち上げパーティーに参加させてもらった。
滝沢さんは日本一の先行力を売り物に競輪トップの座を維持されていたけど、引退した今は、ギャグで日本一の先行を誇っている。

ところで最近、心に決めたことは、せっかくいろんな国に行っているのだから(自転車レースでこれが35〜40カ国目の取材)、レースの前後に土地のものを見るということ。
じゃないと、自分の頭の中が本当に自転車だけになってしまうような気がして...。
フライトは夕方だったし、一人でワルシャワの旧市内に電車で行って来た。
ドイツ軍に徹底的に破壊されたけど、そのあと昔の姿を忠実に復元したという世界遺産登録の町並みに、人間の力強さを見た思いで、ちょっと感激したなあ。

ホテルから空港までガゼッタの記者がレンタカーに乗せて行ってくれた。
ガゼッタの社員が出張するときには、必ずビジネスクラスがあてがわれる。
僕はスターアライアンスのゴールドメンバーなので、いっしょにビジネスクラスのカウンターでチェックインをしたけど、手荷物であるカメラバッグの重さを量られてしまい、規定の3倍以上ある20kgだった。
20kgじゃ持ち込めない、いやカメラだから預けられない、の押し問答の末、なんとか機内持ち込みに。
ゴールドメンバーでなければ、きっと預けさせられ、そしてべらぼうに高い超過料金をとられたはず。
去年、苦労のマイル修行をして良かったなあと心底思った。

トラブルを乗り越え、僕らは空港のラウンジでくつろいでいた。
そこに突然、UCIの会長が来て、気づかなかった僕のところに挨拶しに来てくれた。
ガゼッタの記者はまだ経験が浅くて顔が売れていないから、彼を飛び越して...。
今回の世界選では、やっぱりマレーシア選手たちの強さがグッドニュースということで、会長と意見が一致した。
なにしろ男子1km3位、男子スプリント2位なのだ。
ポルシェやフェラーリが当たり前の日本の競輪選手3,000人あまりが束になっても、自転車を買うのもやっとの国マレーシアの3人の選手に歯が立たないのだ。

会長が行ってから記者は
「彼はラッキーだよ。アイルランドから一人で出て来て、今や自転車界のナンバーワンだからな」と言う。
僕はそうは思わない。前会長が作ったプロツールに振り回され、しかも後を絶たないドーピングで、大変な苦労があると思う。
たとえ、僕にUCI会長のポストが回って来たとしても、固く辞退するつもりだ。
(最後の一行だけは、神をも恐れぬ空想話です)
« prev | next »