Diary Only japanese
最新のDiary
2021-11-11
Saleに新しいフォーマットのフレームが加わりました。
2021-11-05
会場図
2021-10-31
テレパシー
2021-10-20
写真展詳細のご案内
2021-10-08
2021秋の KAKI×砂田弓弦
過去のDiary

2021年11月

2021年10月

2021年09月

2021年08月

2021年07月

2021年06月

2021年05月

2021年04月

2021年03月

2021年02月

2021年01月

2020年12月

2020年11月

2020年10月

2020年09月

2020年08月

2020年07月

2020年06月

2020年05月

2020年04月

2020年03月

2020年02月

2020年01月

2019年12月

2019年11月

2019年10月

2019年09月

2019年08月

2019年07月

2019年06月

2019年05月

2019年04月

2019年03月

2019年02月

2019年01月

2018年12月

2018年11月

2018年10月

2018年09月

2018年08月

2018年07月

2018年06月

2018年05月

2018年04月

2018年03月

2018年02月

2018年01月

2017年12月

2017年11月

2017年10月

2017年09月

2017年08月

2017年07月

2017年06月

2017年05月

2017年04月

2017年03月

2017年02月

2017年01月

2016年12月

2016年11月

2016年10月

2016年09月

2016年08月

2016年07月

2016年06月

2016年05月

2016年04月

2016年03月

2016年02月

2016年01月

2015年12月

2015年11月

2015年10月

2015年09月

2015年08月

2015年07月

2015年06月

2015年05月

2015年04月

2015年03月

2015年02月

2015年01月

2014年12月

2014年11月

2014年10月

2014年09月

2014年08月

2014年07月

2014年06月

2014年05月

2014年04月

2014年03月

2014年02月

2014年01月

2013年12月

2013年11月

2013年10月

2013年09月

2013年08月

2013年07月

2013年06月

2013年05月

2013年04月

2013年03月

2013年02月

2013年01月

2012年12月

2012年11月

2012年10月

2012年09月

2012年08月

2012年07月

2012年06月

2012年05月

2012年04月

2012年03月

2012年02月

2012年01月

2011年12月

2011年11月

2011年10月

2011年09月

2011年08月

2011年07月

2011年06月

2011年05月

2011年04月

2011年03月

2011年02月

2011年01月

2010年12月

2010年11月

2010年10月

2010年09月

2010年08月

2010年07月

2010年06月

2010年05月

2010年04月

2010年03月

2010年02月

2010年01月

2009年12月

2009年11月

2009年10月

2009年09月

2009年08月

2009年07月

2009年06月

2009年05月

2009年04月

2009年03月

2009年02月

2009年01月

2008年12月

2008年11月

2008年10月

2008年09月

2008年08月

2008年07月

2008年06月

2008年05月

2008年04月

2008年03月

2008年02月

2008年01月

2007年12月

2007年11月

2007年10月

2007年09月

2007年08月

2007年07月

2007年06月

2007年05月

2007年04月

2007年03月

2007年02月

2007年01月

2006年12月

2006年11月

2006年10月

2006年09月

2006年08月

2006年07月

2006年06月

2006年05月

2006年04月

2006年03月

2006年02月

2006年01月

2005年12月

ティレーノ〜アドリアティコのステージキャンセル
今年のティレーノ〜アドリアティコは山岳ステージが一つしかなかったのだけど、それが雪のため、キャンセルになった。
僕は前日に同業者から電話をもらったのだけど、周りで笑い声がしていたので、ぜんぜん信じず、冗談だと思っていた。
そのあとにメールでオーガナイザーから正式に知らされた。
ステージがキャンセルになった昨日はとても寒く、これじゃ山に雪も積もるだろうなと思っていた。
ところが今朝のガゼッタ紙には、道路にぜんぜん雪が積もっていない写真が掲載され、びっくりした。
ニバリはこの大会3度目の総合を狙っていたので、オーガナイザーのやりかたを強く非難した。
最低でも、レース前日ではなく、当日の朝に決定すべきだったと。

オマーンでニバリはイタリア人のチーフコミッセールにブエルタでの失格の件をやはり強く抗議していた。
失格は正当だけど、じゃあツールで集団落車があったときにはレースが止まり、ブエルタは止まらなかったのはいったいなんなんだと語気を強めていた。
ニバリはなんというか、人間が素直にできていて、思ったことをすぐに口にするタイプ。
僕はそんな彼が大好きなのだけど、マスコミにとっては良いカモになる。
まあ、しかしあの雪のない写真を見たときには、ニバリの言い分がすごく正しいと思った。
僕も今大会は泡のないビールに感じている。
あとは明後日のタイムトライアルしか残っていないのだ。

それより、新聞で驚いたのは、何人かのツイッターが掲載されたなかで、ディメンションダータの某選手がニバリを非難したことだ。
強い選手が言うなら良いけど、こんな名もない選手の発言が新聞に出てしまい、もう取り返しがつかないだろう。
昨年のオマーンで、猛暑の下りが危なすぎると選手がストライキを起こし、ステージがキャンセルになった。
実際のところ、それをやったのはカンチェッラーラで、あとはチームのエース格が集まってカンチェッラーラに従ったのが実情だ。
こうしたときに、エース級以外の発言の自由が許される雰囲気はこれっぽっちもない。
ところが今はツイッターというものがあって、誰でも発言できるけど、それが新聞に出るとなると話は変わってくる。

去年、アールがジロ・デル・トレンティーノを病気で急遽欠場したが、ヘンダーソンがツイッターでドーピングの疑いがあると言わんばかりのことを書き込んだ。アールの代理人のカレーラはすぐに裁判に訴えるというメールを流したことがあったが、あとでヘンダーソンが謝ったものの、もう遅いと言われた。
発言の自由が誰にでもあるのが民主主義だけど、少なくとも実際の自転車界はまったく違う。

« prev | next »